薄毛になる要因を見極める

加齢で薄くなる頭髪

 

薄毛,治療,要因

年齢を重ねてくると体にはさまざまな老化現象が現れるようになりますが、これは人間の細胞が老化することによるもので、人間の遺伝子は老化するようにプログラムが組まれているため、どう抵抗しても老いていく体を止めることはできません。

もちろんアンチエイジングの技術は昔に比べて進んでおり実年齢よりかなり若く見える人はたくさんいますが、それでも老化に逆らっているのではなく老化のスピードを抑制するに留まっています。

老化現象の中でも特に出やすい症状が薄毛で、女性よりも男性に顕著な症状として見られる特徴があるものの、女性も更年期を過ぎたあたりから頭髪の薄さに悩む人は増加し、中には薄毛治療を受ける人もいます。

ポリピュアを使って髪にツヤがでてきました

また、女性と男性では髪の毛が薄くなってしまうパターンに違いがあり、男性だとAGAという男性ホルモンの働きによって髪の毛が薄くなるのに対して女性はホルモンバランスが崩れることによる薄毛になる場合が多くなっています。

そのため、薄毛治療をする場合は性別の違いによる薄毛に対しての治療を進めていく必要がありますが、女性にAGAを改善するための育毛剤を使用しても一切の効果が無いため注意が要ります。

以前に比べると育毛剤の種類は増えており、中にはシャンプーに育毛成分が含まれているタイプやトリートメントに薄毛治療の成分が含まれているものもありますが、いずれの場合も頭皮や頭髪の状態に合わせて使用しないと高いお金を払っても効果が出ないことがあります。

背中脱毛でムダ毛がなくなりました

 

自律神経と薄毛の因果関係

 
ストレス社会と表現されることの多い昨今の社会はネットの普及に伴って人間同士のコミュニケーションがより複雑化している傾向にあり、様々なところで過度なストレスを抱えやすい環境になっています。

ストレスは万病の元と言われており、目には見えないだけあってストレスで深い悩みを抱えていてもそれが誰にも気付かれないというケースもありますが、中にはストレスが体に対して付加をかけることによって髪の毛が薄くなってしまう人もいます。

これは自律神経という部分の働きが正常ではなくなることが主原因となりますが、ストレスによる頭髪環境の悪化は薄毛治療が必要なくらい重い状態になる場合も少なくなく、ストレスによる負荷が特にかかりやすい若年層では20代の前半から薄毛治療をしている人もいます。

ちなみに円形脱毛症と呼ばれる小さな円形の薄毛が発生する場合がありますが、これもストレスが起因して起こる場合が多く、薄毛治療をすることでいつかは治る場合がほとんどですが、程度が重たくなると元に戻らない場合もあります。

自律神経はさまざまな感覚を司るところなので、自律神経の悪化は体にさまざまな症状が起こるようになりますが、AGAの場合と違って年齢による特徴的なパターンを示しません

また、髪の毛が薄くなるパターンについてもAGAとは明らかな違いが見られるので、頭髪の後退の仕方によって自分がどのような原因で頭髪が薄くなっているのか知ることができます。

エタラビは丁寧な施術でした
 

遺伝的な要因

 

薄毛,治療,要因

よく親の髪の毛が薄いと子供の髪の毛も将来薄くなると言われていますが、このように親と子供が似たような状態になることを遺伝と呼んでおり、身体的な特徴が親と似るのも遺伝によるものです。

また、遺伝は単に親と同じような状態になるだけでなく祖父母やさらにその先祖と似た状態になることがありますが、これを隔世遺伝と呼んでおり頻繁に見られる現象の一つです。

残念なことに薄毛は遺伝するという特徴があるため、親や祖父母に薄毛の人がいる場合は自分も薄毛治療が必要なくらい髪の毛が薄くなってしまう可能性がありますが、すべての人が必ず遺伝するわけではありません

例えば、親が薄毛治療を受けている場合にその原因が怪我や病気によるものであれば、それは遺伝子情報に基づいて髪の毛が薄くなったわけではなく、外因的な要因で髪の毛が薄くなったので子供に遺伝することはありません。
また、親の頭髪が少なくてももう片親の頭髪がしっかりと生えているのであれば、しっかりと元気な髪の毛が生えてくる遺伝子が優勢的になっていることも十分に考えられます

それよりも自分は親の薄毛が遺伝してしまうのではないかということを悲観的に考える方が心因的な面で負担がかかってしまうことになるため、あまり気にしないようにすることも大切です。

また、現在は昔に比べると薄毛治療の技術が格段に向上しているため、たとえ頭髪が極端に少なくなっても元の状態に戻せるかもしれないという希望を持つようにしましょう。

脱毛の効果は、口コミと同じでした